PBRとは?使い方・計算・目安など株初心者にもわかりやすく解説。

今回は、PBRという指標について解説します。

最近の株の暴落で投資を始めた方も多いと思いますが、
投資を始めて最初に悩むのが、PER・PBR・ROEなどいろんな投資用語が出てきて、
どれも似たようなローマ字の文字が多く悩むと思います。

なので、このブログでは投資初心者の方に向けて用語解説の記事も書いていて、
今回は第3弾です! 1弾・2弾では、PER・ROEについて解説しています。
ぜひ覗いてみてください!

第1弾 PER PERとは?株・投資初心者にもわかりやすく解説!

題2弾 ROE 株用語解説 ROEとは?初心者にもわかりやすく解説。

目次

✔︎概要
✔︎計算式
✔︎個人的な使い方
✔︎検証結果次第では使ってもよいと思う使い方
✔︎まとめ

この記事の内容は、以下の動画でも話しています。

概要

PBR(Price Book-value Ratio)とは日本語で、株価純資産倍率と呼んで、
純資産ベース現在の株価が割安か示す指標となります。

PER純利益ベースで割安かどうか示す指標なので、区別しましょう!

ここで、純資産とはなにかについても軽く話すと、純資産とは下の式で表すことが出来て
総資産から負債を引いたものとなります。

純資産=総資産ー負債
※総資産:現金、売掛金、建物、土地などの企業が持っている資産の合計

 

計算式

PBRはこのような式で表され、時価総額÷純資産または株価÷BPS(1株あたり純資産)で表すことができます。自分で計算することは余りないので、どちらを覚えても良いですが、仮に計算するときは、時価総額÷純資産の方が単純でわかりやすいのでいいですかね。

具体的に、1つの例を挙げると、時価総額200億円・純資産100億円の企業のPBRは、

PBR=200億円÷100億円=2倍 となります。

PBRの東証全体の平均は1倍〜1.5倍ほどで、
一般的に1倍を割ると割安と言われています。これは式からも、PBRが1倍を割る時は企業の時価総額より、保有純資産の方が多い状態なので感覚的にも割安だとわかりやすいですね。またPBRで割安かどうか判断する際の注意点としては、同業で比較するということです。

目安として、1倍を割ると割安ですが
例えば、鉱業・海運業・銀行のような業界では1倍を割るのが一般的で1倍で割安度を計ることはできないので、同業のPBR平均から割安度を考える必要があります。同業ごとのPBRの値はJPXのホームページでエクセルとして毎月載せてあるので、検索してみてください!

個人的な使い方

個人的には、PBRで割安度をはかるよりPERを割安度の判断材料として使っているのであまり使う場面はないですが、主に以下の2点です。

①外部要因で大きな市場の下落があった際の割安性を考えるとき

大きな下落があった時に、PERで割安度を判断しようとしても次の決算で大きく業績を下げるかもしれないので、PERのみで割安度を考えるのが危険な時に、PBRを安心材料として使います。

PBRは計算式が純資産ベースなので、大きな株価の下落があった時に時価総額の減少スピードに比較して、純資産は減るスピードが遅いので割安な数字が出やすいです。

また純利益ベースのPERがフローの対する指標なのに対して、PBRはストックに対する指標なので、PERは次の決算が赤字などになると機能しなくなり割安の判定に使えなくなるのに対して、PBRは純資産に対しての割安度なので、一時の赤字などでも問題なく割安性を判断することが出来ます。

なので、私は大きな市場の下落があったときに業績が良いのに全体につられて株価が下がっている銘柄をよく探すのですが、仮に次の決算で業績が下がった際でも、PBRでも割安を示しているので、大きく下げすぎることはないだろうと安心材料として使います。

②成長株として買いたい株が自分に気付いていないリスクがないか確認するため。

2つ目は、PBRを割安の判断材料として使うのではなく、リスクが潜んでいないか確認するために使います。感覚的にも分かると思いますが、今後の成長が期待されている株は企業の純資産の合計より、企業価値があると判断されるので時価総額が大きくなります。そのため自分が成長期待で買おうとしている株がPBRが1倍以上か確認して、1倍以下なら自分がなにか気付いていないリスクがあるのではないかと疑うようにしています。

そういって調べる中で、見逃していた増資や海外進出など投資家がリスクと考えていて自分が気付いていなかったリスクに気づくことができます。

このようにPBRが低く放置されている株は何か理由があることがよくあるので、そういう確認にも使っています。

検証結果しだいでは使うのもありか?

検証の結果次第では使ってもいいのではと考えている使い方は、日経連動のETFの購入をする際に1倍以下で割安を判断する方法。私は日経連動のETFは買わないので使っていないですが、購入している人は割安の判断に使えるかと思います。これ過去の日経平均とPBRの推移ですが、概ね1倍を切ったところで跳ね返っています。リーマンショックなどがあった際は企業の純資産も減るからPBRが戻るのではという考えもあると思いますので、その辺りは検証が必要ですが、比較的機能すると思います。ただデメリットとしては20年ほどの間で1倍付近まで行ったのは、5回ほどでインのタイミングが少ないことですね。

日経平均・PBR推移

まとめ

PBRとは、

✔︎PBRは純資産ベースで、株価が割安かどうか示す指標

✔︎個人的にはPBRだけを根拠に購入することはないが、PER等と組み合わせて下落幅の安心材料にしたり、リスクの発見に使う。

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。YoutubeやTwitterでも毎日投資情報を発信しているので覗いてみてください!



Twitterをフォロー

おすすめの記事