PERとは?株・投資初心者にもわかりやすく解説!

今回は、株をはじめたらまずPER、PBR、ROEなどのたくさんの用語がでてきて頭が混乱しますよね。。

今回は、まず一番有名な指標PERについて話したいと思います。

その他の記事で、PBR、ROEについても話しています。

PBR
PBRとは?使い方・計算・目安など株初心者にもわかりやすく解説。

ROE
株用語解説 ROEとは?初心者にもわかりやすく解説。

概要

PERとは、純利益ベースの株価の割安さを示す指標です!

計算式は

PER=時価総額/純利益
=株価/1株あたり利益純利益(EPS) 
と計算することができます。

これはどちらを覚えても構わないです。

計算例として、

時価総額100億円、純利益10億円の企業があるとすると、

PER=100億円/10億円=10倍となります。

✔︎この指標が示す意味は、現在の時価総額を、純資産何年分で稼ぐことができるかという指標で、10倍であれば10年で稼ぐことができることを意味します。
✔︎東証一部の平均は15倍前後
✔︎15倍を割ると一般的に割安と言われるが、業種ごとに平均は違うので同業種で比較する必要があります。たとえば、銀行業界の平均PERは10倍以下ですので、10〜15倍を推移している銀行株があっても割安とは言えません。

最後に、私が個人的に使う場面ですが、

①外部要因などで株価が大きくさげて、戻し遅れている銘柄の割安を狙うとき。
②成長株が市場から過大評価を受けていないか確認するとき。

詳細動画

このあたりの説明はYoutubeでくわしく解説してるので、のぞいてみてください!



Twitterをフォロー

おすすめの記事